転職エージェントを比較してみました(外資編)

f:id:FIVESTARS:20160718180452j:plain

英語に自信がある人や、今勉強中という人は、1度は外資系企業で働いてみたいと考えると思います。

しかし、あくまで私の経験上ですが、日系の大手エージェントでは、外資系転職はなかなか厳しいのかな?と思います。

日系企業、外資系企業の両方で働いた身からすると、同じことをやっていても、日本の会社と外資では、評価されるポイントが全然違うので、当たり前といえば、当たり前ですが・・・。

 

ということで、もし外資系企業へ行きたいと思うなら、やはり外資に強いエージェントを活用することをおすすめします。

 

私が面談したことがある、外資系エージェントを比較してみました。

 

スポンサーリンク

 

 

 

JACリクルートメント

初めて外資系企業に転職するなら、ここが絶対におすすめです。理由は、紹介先は外資であるものの、コンサルタントが日本人で、日本的なマナーや価値観に基づいて対応してくれるからです。

他の外資系エージェントは、在籍しているコンサルタントが大半が外国人だったり、日本人といっても海外生活の長い帰国子女だったりして、特に日系企業から転職する人にとっては、なかなか話がかみ合わなかったり、不親切に感じることもあると思います。

そういうストレスを感じることなく、転職活動をすすめられるという点でおすすめです。

詳細&お問い合わせ :JACリクルートメント

 

 

ヘイズ・スペシャリスト・リクルートメントジャパン

グローバル人材に特化しているイギリス系のエージェントです。私はスカウトメールをもらって、ここに登録。実際に仕事獲得につながりました。

よい点を挙げると、サポートが丁寧です。レジュメのチェック、キャリアヒストリーの棚卸し、面接の準備にいたるまで、1人の候補者にかなりしっかり時間をかけて対応してくれて、かつアドバイスも有効でした。

注意点をあげるとすると、こちらのオフィスへ1歩入ったら、基本的に日本ではないと思ったほうがいいです。少なくとも、私は外国人のコンサルタントにしか会ったことがないですし(日本人のコンサルタントもいると思いますが・・・)、内定後もありとあらゆる手続きが欧米式で行われます。

詳細&お問い合わせ : http://www.hays.co.jp/

 

 

ロバート・ウォルターズ

イギリスの大手人材会社です。外国人のコンサルタントも多数在籍していて、外資系企業に強く、有名企業の求人を多く取り扱っています。総じてコンサルタントの質は高く、対応もきちんとしていて、プロフェショナルです。ここは、入社が決まると食事をごちそうしてくれます。

詳細&お問い合わせ : http://www.robertwalters.co.jp

 

 

マイケルペイジ 

ここも外資系人材会社としては有名で、日英バイリンガルのコンサルタントも在籍し ています。扱っている求人も、有名外資系企業ばかりです。若くてやる気のあるコンサルタントが、ガンガン仕事しているイメージの会社ですね。

詳細&お問い合わせ : http://www.michaelpage.co.jp

 

 
イーストウエストコンサルティング

いわゆるエグゼクティブ・サーチの会社ですが、求人はジュニアからシニアレベルま で扱っています。この会社のコンサルタントは、外資系企業の役員クラスと直接話し ていることが多く、1次面接がいきなり役員ということもありました。

詳細&お問い合わせ : http:// http://www.ewc.co.jp/ja/

 

スポンサーリンク