転職エージェントを比較してみました(総合編)

f:id:FIVESTARS:20160113212203j:plain

私は、そう多くはないけれど、それなりの回数転職しているので、転職エージェントとは結構会っています。

 

あくまで、私の個人的な感想ですが、今まで面談したことがある転職エージェントの特徴を書いてみます。

 

これから登録する人は参考にしてみてください。

 

転職エージェントには様々なタイプがありますが、大きく分けると、いろいろな業界や職種向けに幅広く求人を扱う「総合エージェント」型と、ある業界や職業に特化している「専門エージェント」の2種類があります。

 

今回は、とりあえず、登録しておいたほうがよい総合型エージェントについてです。

 

スポンサーリンク

 

 

リクルート・エージェント

誰でも知っている大手人材会社です。扱っている求人の多さでは、業界で一番だと思 います。日本の会社なら、大手企業から中小企業まで幅広く求人がありますので、情報収集の意味でも、とりえず、ここには登録しておいたほうがよいと思います。

外資系企業については、やっぱり外資系の転職エージェントほどではないですね。外資系へ行きたい人は、外資系のエージェントへ登録しましょう。

ただし、日系企業の国際業務向けの人材募集は結構多いと思います。語学を生かしたい人は、そちらを検討しているなら、ここに登録する意味はあると思います。

巨大企業なので、やはり担当者の当たり外れはあります。コンサルタントはいい人たちばかりですが、あまり面接に進みにくいようなら、思い切って、担当を変えてもらったほうがよいです。

詳細&登録:【リクルートエージェント】

 

マイナビエージェント

個人的におすすめなのが、このマイナビエージェント。マイナビと言えば、学生にはなじみがあると思いますが、転職者へのサポートもやっています。

前述のリクルートなどの大手に比べると、規模が小さい分、親身になって転職活動をサポートしてくれるとあって、求職者からの満足度が高く、特に第2新卒タイプの人に人気です。

1度目の就職でちょっと失敗しちゃったなという人も、今度こそ、ちゃんと自分に合ったところでがんばるという真摯な気持ちで臨めば、全面的にバックアップしてくれると思います。

詳細&登録:マイナビエージェント

 

ヒューマンタッチ

ここも大手から中小企業まで、比較的優良な企業の求人を取り扱っています。私が会った担当者は、結構ベテラ ンの人で、いろんな企業の社風や出世するタイプはどういう人かなんていうのを結構、細かく教えてくれました。

やっぱり、入社してから、お互い「相性が悪い」って気づいても遅いですし、こういう情報は求職者では手に入りにくいので、エージェントを利用するメリットの1つですね。

詳細&登録:ヒューマンタッチ

 

 

スポンサーリンク