転職した方がいいタイミング、ダメなタイミング

f:id:FIVESTARS:20161220135104j:plain

転職が成功するのか、うまくいかないのか、結局のところタイミングにかかっています。

タイミングというのは、もちろん求人が多い時期、少ない時期というのも、もちろんありますが、ここでは、転職者のタイミングのついて、話してみます。

 

スポンサーリンク

 

 

転職してもダメなタイミング

一般的に思わず転職したくなる、そのタイミングは、実は転職には向かないことが多いのです。

 

・今の会社で、十分な仕事をしていない時

ありがちなパターンとして、「今の仕事がつまらない」「やりがいがない」から転職を思い立つ場合です。 これは、転職しても上手くいきません。まず、今の自分の仕事を全うし、十分できるようになることです。次に、今の会社で、少しでも自分の希望が叶う仕事へ配置換えを頼んでみることです。

 

・健康を害している時

中には、間違えてブラック企業に入ってしまった人もいると思います。パワハラや過重労働で、心身の健康を害している時は、新しいことをやるのはやめましょう。 健康状態が悪い時、精神的に参っている時は、的確な判断が下せないものです。まずは、健康を取り戻して、それから、転職を考えましょう。

 

・人間関係の問題を抱えている時

これも、よくあるパターンです。つまり、「まわりの人と合わないから、転職したい」という場合ですね。不思議ですが、こういう時は、仮に転職できたとしても、転職先でも「合わない」ことが多いです。 人間関係の悩みは、仕事や職場の問題ではなく、自分自身の問題であることが多いです。それに、ある程度の人数がいる組織であれば、どの会社へいっても「自分と合わない人」はいます。「自分と合わない人」がいる場合、どう対処するのかがポイントで、転職すれば解消される問題ではないのです。

 

 

転職しても良いタイミング

では、転職しても良いタイミングについて、考えてみます。

 

・今の職務をやり切っている時

今の自分の仕事はしっかりやっていて、ある程度完成されている。でも、その会社で、これ以上のキャリアを積みたいと思わない、他の仕事に興味を持っている場合、転職しても上手くいきます。 こういう時は、転職の目的、次の仕事への興味、意欲がはっきりしていることが多いので、軸がしっかりしていて、転職活動も有利に進められます。

 

・心身ともに健康な時

意外ですが、なにかと辛いときの転職は上手くいきません。むしろ元気で、活力がある時のほうが、落ち着いて冷静に転職活動を行えるため、結構スムーズに進みます。

 

・今の仕事そのものが、自分に向いていない時

極端な例をあげれば、デザインの才能がある人が、親の勧めで、会計事務所に勤めているような場合です。これは、本人が意識しなくても、職場で自然と周囲から孤立していることが多いです。 このように、その人が本来いるべき場所にいないというのは、本人がつらいだけでなく、結構、周囲にとっても困った存在だったりします。 やはり、自分にあった仕事に転職するほうが自然ですよね。

 

いかがでしょうか?意外ですが、職場で、嫌なことがあって、「それは転職したくなるよねー」という時は、転職には向いていない時期なのですね。 辛いことがあった時は、転職よりも、ちょっと休むことをお勧めします。

しかし、「転職」が自分にとってBestな選択なら、いずれ確実に「今、仕事を変わったほうが良い時」というのが訪れます。その時を、焦らずに、待ちましょう。

 

スポンサーリンク

 

広告を非表示にする