【転職エージェントの活用方法】優秀な転職コンサルタントの特徴

f:id:FIVESTARS:20160509165649j:plain

転職エージェントの活用方法、今回は、優秀な転職コンサルタント、キャリアアドバイザーの特徴をあげてみます。

 

優秀なキャリアアドバイザーには、なかなか出会えませんが、出会えた時は、自分が1つステップアップできる時とも言えますので、その人との出会いを大切にして、希望を叶えましょう。

 

私が出会った、優秀な転職コンサルタントの特徴をあげてみます。

 

スポンサーリンク

 

 

1.紹介する仕事の内容について、ちゃんと説明してくれる

これは、自分の担当する企業とコミュニケーションが密に取れている証拠です。企業側のニーズをしっかりヒアリングしているので、その会社の社風や、募集しているポジションについても、ある程度ちゃんと説明ができる状態になっています。こういうコンサルタントの情報は基本的に正確です。

 

 

2.求職者のヒアリングをしっかり行う

優秀なキャリアアドバイザーは、求職者の面談にある程度しっかり時間をかけます。職務経歴書を元に、過去の仕事内容を具体的に質問し、今後の希望についても詳細に聞く場合が多いです。ですから、求職者の方も、ある程度時間をとって、答えられる範囲で、ちゃんと答える姿勢を持ちましょう。

ちなみに、1時間程度の面談で、求職者の人となりをざっくり見抜けるコンサルタントは、相当なプロフェッショナルです。

 

 

3.人を見る目がある

表面的な経歴だけでなく、その人の人格を理解しようと努めるタイプの人が多いです。ですから、求職者の方も、面談の中で、コンサルタントから何か指摘を受けたら、たとえ反発を覚えても、一度素直に受け止めてみることをおすすめします。それを機会に欠点を改善できれば、今後ステップアップできる可能性がぐんと広がります。

 

 

4.転職活動のフォローが丁寧

書類の書き方から面接準備まで、丁寧にアドバイスするタイプの人が多いです。何度か転職を経験していて、転職慣れしている人でも、このアドバイスは一度耳を傾けてみる価値があります。ちょっとしたことを気をつけるだけで、書類選考の突破率や、面接の進み具合が格段に良くなったりします。

 

 

5.応募者の意思を尊重する

面接に行ってみたものの、「ちょっと思っていたのと違ったな」と感じることはあると思います。そういう時は、迷わず辞退する勇気も必要です。

面接で応募者と企業側、どちらかが違和感を持った場合、ミスマッチにつながる可能性があるので、優秀な転職コンサルタントであれば、無理に先に進めようとはしません。あくまで応募者の意思を尊重してくれます。

そして、もし面接で「ちょっと違ったな」と思った場合は、求職者の方も、仕事選びの基準をもう一度見直してみましょう。

 

 

ざっくりとですが、優秀な転職コンサルタントは、人材紹介業をお見合いのような感じで捉えていて、企業と求職者のマッチングを大事に考えている人が多いように思います。

この「転職=お見合い」というのは、求職者の方も持っておいたほうがよい大事な感覚かと思います。なぜなら、転職すれば、当然新しい人達と出会い、その人達と一緒に仕事をしていくことになります。

前向きに、新しい人間関係を結びたいと思う会社に出会えたら、その時点で転職はある程度成功したようなものです。その橋渡しを上手くやってくれる人は、優秀な転職コンサルタントだと思います。

 

スポンサーリンク