【早起きのメリットとコツ】無理なく、朝型になる方法

今日も寒いですねー。みなさん、風邪ひいていないでしょうか?

 

ありがたいことに、私は、ここ数年風邪はひいていません。

 

健康はどんなにお金を積んでも買えないものだと思っているので、健康でいることにはすごくこだわっているんですが、それでも、前はこの時期になると、よく体調を崩していました。

 

それが、なぜ風邪を引かなくなったのかって、たぶん生活が変わったせいかな〜と思っています。

 

結局、健康とか病気って、生活習慣によるんですね。

 

そんなわけで、早起きの話しのコツです。

 

スポンサーリンク

 

 

夜型から朝型にスイッチするのって、思っているよりも結構大変です。

 

多くの方がやってしまいがちな失敗の1つが、「明日から、根性で朝5時に起きる!」とかです。私もやったことありますが、これ、成功率低い上に、すっごくつらいです。

 

ダイエットも、明日いきなり-10kgにするって、さすがに現実的じゃないですよね。早起きもそれと一緒で、明日から2時間早く起きるって、3日坊主で終わるか、体調が悪くなるかどっちかになりやすいです。

 

朝型を定着させるには、ある程度の期間が必要なので、そのつもりで気長にやったほうがいいです。

 

その上で、なるべく無理なく朝型にシフトするためのコツを書いてみます。

 

1. 自分の最適睡眠時間を知る

よく「何時間眠ればいいの?」という話しが話題になりますが、最適な睡眠時間って、人によって差があるもの。ナポレオンみたいに4時間ぐらいで平気な人もいれば、8時間寝ないとダメだという人もいます。

 

短時間が必ずしもいいというわけでもないです。あるセミナーで講演をしていた某企業の社長さんは、「僕は毎日8時間寝ています。みなさんも、7〜8時間は寝るようにおすすめします。」とおっしゃっていました。

 

ちなみに私は6〜7時間ですね。平日は6時間、休みの日は7時間みたいな感じです。

 

自分の最適睡眠時間は、「日中眠くならずに、休日にドカ寝しなくてもいい状態でいるためには、毎日何時間寝ればいいのか」を目安に、1週間くらいかけて調べてみるといいです。

 

 

2. 起きる時間を、少しずつ早める

自分の最適睡眠時間がわかったら、その時間を確保したまま、寝る時間と起きる時間を少しずつ早くします。この「少しずつ早くする」というのがポイントですね。

 

今、朝7時に起きている人が、5時起きにしたいとします。その場合、明日から5時起きにしないで、まず30分、起きる時間と寝る時間を早くします。ある程度、6:30起きが定着したら、次は6時という感じで、最終的に5時まで持っていきます。

 

ポイントは、自分の最適睡眠時間をキープすること。例えばそれが、6時間なら、6時間の睡眠時間を確保しながら、30分ずつずらしていくと、結構楽に朝型にできます。

 

 

3. 日光を浴びて、2度寝を防止

今日みたいに寒いと、朝起きても、なかなかベッドから出れなかったりしませんか?私も、よく2度寝してしまうタイプですが、それを防止する策があります。それが、朝起きたら、真っ先にカーテンを開けて、日光を浴びること。

 

日光を浴びると、人間の体は勝手に「朝だ」と認識するようにできているそうです。だから、体内時計がリセットされるんですね。

 

実は、今は早起きの習慣を作るのに、ベストなタイミングです。というのも、春先から夏にかけては、どんどん日の出の時間が早くなっていきますし、気温も上がるので、楽に早起きできます。逆に秋から冬に始めるのは、けっこう大変です。

 

 

4. 休日の夜に夜更かししない

私もやりがちな失敗の1つが、金曜日の夜の夜更かしです。明日が休みだと思うと、ついつい寝るのがもったいないと思って、遅くまでTVをみたり、ゲームをしちゃったりしませんか?

 

私も前はそんな状態でした。でも、そうすると、決まって翌日は昼近くに起きて、いろいろ細々した用事を片付けているうちに、あっという間に夕方。休日にやろうと思っていたことが半分もできなかったり。これ、陥りがちな負のサイクルの1つですね。

 

金曜日の夜に早く寝てしまって、土日に朝から稼働すると、TVもゲームも買い物もできて、さらに時間が余ります。

 

早起きのメリット

「早起きは三文の得」っていいますが、これ、真面目に真実です。というのも、生活を朝型にシフトすると、一番実感するのが、「1日が長い」っていうこと。もうお昼頃かなと思うと、まだ10時くらいだったり、24時間っていうのは、意外に長いと気付きます。

 

あとは、体調が良くなることですね。朝型にすると、自律神経が整うので、肌トラブルも消えますし、精神的に前向きになりますね。こういうことは、医学的にも証明できるみたいです。

 

 生活習慣を変えるって、結構すごいことです。なぜなら、人生って結局、毎日の生活でできているので、生活を変えると、人生が変わりますね。

 

逆の言い方をすれば、自分の人生の何かを変えたいひとは、生活習慣を変えてみるといいのかもしれません。

 

スポンサーリンク