【転職エージェントの活用方法】絶対頼ってはいけない!「問題あり」の転職コンサルタントの特徴

f:id:FIVESTARS:20160509165612j:plain

転職エージェントに登録する上で、絶対に切っても切れない関係にあるのが、転職コンサルタント、いわゆるキャリアアドバイザーと呼ばれる人達の存在。

 

この転職コンサルタントの存在は、思っているよりも大きいのです。

 

求職者からすると、どんなコンサルタントに出会うのかで、転職活動がスムーズ行くのか、難航するのかがある程度決まるといっても過言ではありません。

 

転職を考えているなら、誰でも優秀なコンサルタントに出会いたいものですが、なかなかそうもいかないのも現状です。

 

でも、せめて問題のあるコンサルタントに関わるのだけは、やめたいですよね?

 

そこで、私が何度か出会った、「問題あり」の転職コンサルタントの特徴をまとめてみます。

 

スポンサーリンク

 

 

1. 自分の紹介する仕事の内容を理解していない

よくあるのは、募集要項の紙を見せて、「これ読んで、仕事内容が分かりますか?もし、分かるようだったら、受けてみませんか?」という言い方をするケースです。

 これは、そのコンサルタントは、その募集要項の内容を読んでも意味が分からないか、あるいは読んでもいないか、どちらかを意味しています。いずれにせよ、その人は、企業や募集している仕事の内容について、十分な情報を持っていません。 

こういうコンサルタントは、求人情報を求職者へ流し、履歴書を企業へ流すという、情報の横流しの業務しかしていない可能性が高いので、転職活動の精度が落ちます。

 

2.機械的にしか仕事を紹介できない

パソコンに、年齢、学歴、TOEICの点数、前職の職種などを入れて、「検索」をクリック。ヒットした求人情報しか紹介してこないタイプです。

 こういう人は、基本的にヒアリングが嫌いか、下手な人が多いです。求職者の話もたいして聞きませんが、企業側の話もたいして聞いていない人が多いです。そのため、求職者からすると、的はずれな求人ばかりを紹介されます。

 

3.偏見が強い

「◯◯大学出身なら、このレベルの企業が受かればいいほうですよ」など、「学歴」「性別」「年齢」「雇用形態」「企業名」などに対して、なんらかの独自のイメージを持っていて、その個人的なイメージをもとに、はじめから求職者を決めつけてかかります。 

このタイプの人は、総じて人を見る目がありません。経歴に騙されて、問題のある人を企業へ推薦してしまう可能性もありますし、求職者の方も、転職後に「こんなはずじゃなかった」となる可能性が高いです。

 

4.特定の企業と特別な関係にあると強調する

「A社の◯◯さんのことは、よく知っているから、自分が頼めば大丈夫だ」「B社には顔が効くし、B社のことなら、なんでも知っている」と言ったりします。

このように、まるで「そこの企業の人事は自分が牛耳っている」かのように話す人は要注意です。実際に面接に進むと分かることですが、企業が人材会社に流している情報は、ごく一部です。コンサルタントの虚言に騙されて、面接を失敗しないように注意が必要です。

 

5.求職者にダメ出しするのが趣味

「あなたの経歴は、ここがこうだからダメ」「本社勤務だったらよかったのに、子会社だったからダメ」というように、求職者の経歴について、あれがダメ、これがダメと言うだけのタイプです。

 こういう人は、残念ながら求職者に仕事を紹介する気がありません。キャリアアドバイザーという立場を利用して、他人のことを、本人の目の前でズバズバ言うことで、優越感を感じたいか、性格にサディスティックな傾向があるか、どちらかでしょう。

 求職者からすると、経歴について、赤の他人にあれこれ言われても、どうしようもありません。だって、今さら過去は変えられないのですから、このようなコンサルタントとは、話すだけ時間のムダです。

 

 

いくつか特徴を書いてみまししたが、ざっくりとまとめると、問題ありの転職コンサルタントは、単純に「スペックの高い人材を、高い値段で転売したい」と思っている傾向があります。 

もし、そういうコンサルタントに出会ってしまったら、担当を変えてもらうか、他のエージェントに登録するなどして、早く転職活動を仕切りなおしましょう。

 

スポンサーリンク