転職エージェントって、利用するべきなのか?

f:id:FIVESTARS:20160104121222j:plain

今日から、いよいよ仕事始めですね。

 

今年の冬は暖冬なので、なんだか冬っぽくないですが、それでも、新年から晴れだとやっぱりやる気が出ます。

 

筆者は、お正月ののんびりムードもいいですが、なんとなく仕事をしている方が落ち着くというタイプです。やっぱり、ワーカホリックなのかなぁ・・・。

 

本日は、転職の2回目です。

 

転職エージェントってありますよね。いわゆる人材紹介会社。転職するにあたって、登録した方がいいのか、迷う方って結構いるみたいなので、転職エージェントについて書いて見たいと思います。

 

スポンサーリンク

 

 

1.そもそも、転職エージェントに登録するべきなの?

結論から言うと、登録は絶対しておいた方がいいです。なぜかというと、情報収集のためです。

企業の採用のやり方はいろいろあります。自社のホームページや求人広告などを使って、全部自社でやる会社もありますが、一方で、転職エージェントに依頼する会社も、やはり相当数あります。

それは、ズバリ応募数が多いからです。それほど大きくなくても、ちょっとでも名の知られた企業であれば、1枠に対して、100通くらい応募が来てしまいます。企業側もさすがに、1名を採用するのに100人と会っていては、効率が悪すぎます。 そこで、採用活動の一部を外注する意味もあり、エージェントに人探しを依頼して、要件に合う人を、ある程度絞って提案してもらうことで、効率化を図ろうというわけです。

求職者からすると、求人広告や企業のホームページに乗っていない採用枠に出会える可能性もあるので、情報を集める意味でも、エージェントには必ず登録したほうがよいです。

 

2.転職エージェントは、何をしてくれるのか? 

よく「転職エージェントに登録したのに、何もしてくれない」という求職者の不満を聞きますが、そもそも人材紹介会社は、企業側に雇われて、企業の代わりに人探しをしています。ですから、求職者のために、仕事を探してくれる場所ではない、ということは、最初から分かっておいた方がよいです。

でも、転職エージェンント側も、求職者が自社に登録してくれないことには、そもそも紹介もできないので、求職者の存在はとても大切なのです。また、多くの転職エージェントは、コミッション制なので、年収が高い案件を扱った方が、利益が出ます。ですから、キャリアアップを目指す転職は、人材紹介会社の方も大歓迎なのです。

 

3.どこに登録したらいいのか、分からない。

人材紹介会社って、本当にたくさんありますよね。誰でも知っている大企業もあれば、ある業界に特化して、その業界出身の人が、人脈を生かして、個人で免許を取って、営業している人もいて、求職者からすると、どこへ登録したらいいのか、正直、迷うところです。

私が、転職エージェントに複数登録してみてわかったことは、同じ求人を複数の会社で扱っているケースが結構多いということ。私も、実際に複数の人材紹介会社から、同じ企業の同じポジションを「受けないか」と言われたことが、何度かあります。

それで、実際に内定が出てみると、その会社の人事の人に「人材紹介会社は、主にどこを使いましたか?」って質問されるんですね。

もろもろの経験を総合してみると、社内で採用のニーズが出た時に、企業によっては、付き合いのある人材紹介会社へ一斉に通達するところと、まずA社へ出し、そこで見つからないとB社というふうに、順番に声をかけているところと2通りあるみたいですね。

つまり、ある時期に世の中に出回る求人の数というのは、ある程度決まっていて、そこに該当する求職者の数というのも、ある程度決まっていて、複数の転職エージェントが、それを取り合っているというのが、現状のようです。

 

こういう状態で、求職者としてどうしたらいいのかというと、1社の人材会社に絞らないで、複数の人材会社へ登録して、なるべく早く求人情報を得ることが大切だと思います。

求職者にとっても、転職活動の長期化はマイナスですが、企業にとっても、採用活動は長期化すればするほど、コストがかかっていくものなので、やはり避けたいところ。

つまり、企業側も、早くぴったりな人を見つけたいわけですし、求職者側も早くぴったりな仕事を見つけたいので、転職エージェント経由であっても、お互いが早く情報を得るということは、プラスなのですね。

 

 

スポンサーリンク